野球のお話

基本野球について書きます!たまに違う話題もあるかもですが、自分の目線で綴っていけたらと思います。

根尾選手の起用について

今日は昨日プロ初安打を記録した中日ドラゴンズの根尾晃選手の今後の起用、育成について自分が球団のフロントや監督だったらこうする!という私見を書きたいと思います。現場を全く知らない第三者の客観的な意見として楽しんでいただけたらと思います。

 

まずこれまでの根尾選手を見ての私の印象は素晴らしい!の一言でこれから間違いなく球界を背負って盛り上げてくれるスターになるのは間違いないでしょう!ただやはりまだまだ打撃、守備、全てにおいてプロのスピードについてこれていません。プロの投手のストレートの速さとキレ、見たこともない変化球の軌道とキレ、タイミングを外す技術、打球、走者のスピード、どれもこれも今まで体感したこのない未知の体験を今まさにしていることでしょう!

 

その中で私が本当に素晴らしい、すごいなと思うことは『自分のスイングをしている』ことです!もちろんタイミングを外され力のないスイングの時もありますし、全く手がでずスイングすらさせてもらえない時もありますが、振れる球は自分のスイングができています!結果が全ての世界なので結果を出したいと焦る気持ちもあるのだと思いますが、まずは自分の現在地の確認作業に徹底している!見ていてそう感じました。相手投手に合わせるのではなく自分がプロのレベルに合わせにいくんだ!というテーマを持って日々取り組んでいると思います。そして打席や守備、試合の中で得た経験で自分には何が足りないのか?どうしたらそれを補えるか?を考えてアジャストし、成長していくタイプではないかと思います!いや、もう本当に18歳ですか?ってメンタルは素晴らしいです。年下ながら尊敬に値します!

 

ですから私ならできるだけ多く、それもより高いレベルの一軍で経験を積ませます。すぐには結果は出ないと思いますが、まずはできるだけ多く打席に立たせることが大切です!一軍で200打席、二軍で200打席、合わせて400打席くらいは立たせたいですね!一軍の遠征には帯同せず、本拠地のナゴヤドームだけ一軍に合流してそれ以外は二軍の試合に出場や練習!これが理想です!ドラゴンズの一軍、二軍の年間スケジュールを調べていないので完全に一方通行な理想ですが、ドラゴンズの首脳人にはしっかり育成計画を作ってほしいですね!

 

ルーキーイヤーは一軍では頑張って40〜50安打、打率.250くらいではないかと思いますが、2年目からは毎年100安打以上を打てるポテンシャルと対応力はあります。そしてまだまだ先は長いですが、史上最年少で1000本、2000本、そして3000本と積み重ねていってほしいです!本当に楽しみな選手です!