野球のお話

基本野球について書きます!たまに違う話題もあるかもですが、自分の目線で綴っていけたらと思います。

ペナントレース展望①

今日は開幕3連戦を終えてのペナントレースの展望を独自目線で予想したいと思います。まずはセ・リーグからいきます。

 

セ・リーグ阪神DeNA、巨人がそれぞれカード勝ち越しをし、ヤクルト、中日、広島が負け越しという結果となりました。中でもやはり巨人に注目でしょう!開幕戦こそエースの菅野選手で落としましたが、二戦目、三戦目は連勝しておよそ2年ぶりにマツダスタジアムで勝ち越しました。試合内容としてはがっつり投打が噛み合った内容ではありませんでしたが、坂本選手に送りバントを命じるなど原監督の勝利に貪欲な采配は印象的でした。去年のように簡単には負けない、手強い印象を広島以外の球団にも与えることができたんじゃないかと思います。そして選手達も今年はいける!と手応えがあったはずです。ブルペン陣に課題があるものの、もともと戦力は揃っている巨人がこういった精神的アドバンテージを手にしたら限りなく優勝に近づくと思います。まだまだ始まったばかりですが、今週の阪神戦、DeNA戦の6試合で5勝1敗で終えたら今年は独走すると思います。一回りした15試合消化時点で10勝5敗以上なら高い確率で優勝しそうな気がします。

 

次に続きそうなのがDeNAです!クリーンアップにあたりが出ませんでしたが、シーズンを通して安定した戦いをすると思います。Aクラス入りは間違いなく、巨人、広島と上位にくるであろう球団に勝ち越していけるなら優勝は見えてきそうです。まずは今週末の巨人戦に勝ち越したいところです。そして3連覇中のセ・リーグ王者の広島ですが、今年も間違いなく強いです。ただ明日からのナゴヤドームで行われる中日戦に負け越すようなら今年は苦戦しそうな予感です。まずはナゴヤで勝ち越し、5割に戻したいですね。

 

そしてダークホースとしておもしろいのは中日!開幕カードは負け越してしまいましたが、明日からの広島3連戦に勝ち越し、週末のヤクルトにも勝ち越し今週を4勝2敗で終えれば台風の目になりそうです。阪神投手力は今年も抜群ですが、開幕カードは勝ち越したものの、やはり見ていて点が入りそうな気がしない打線が今年も課題です。明日からの巨人には3連敗しそうな感じがします。そして3連敗してしまうと今年は厳しい戦いが続き、2年連続の最下位も一気に現実味を帯びてきます。なんとか打線が奮起したいところです。ヤクルトは投打が噛み合えば上位も狙えますが、現状は上位争いは厳しそうです。

 

総括すると、巨人の独走、あるいはDeNA、広島と三つ巴の争いにダークホースの中日、そして下位予想の阪神、ヤクルト、といった展開になりそうです。ペナントレースを制する鍵はいかに連敗をしないか!だと思います。巨人、DeNA、広島の3球団は連敗、特に大型連敗はしないかな、と見てます。いったいどんなペナントレースになるのか楽しみです!

 

②に続く!