野球のお話

基本野球について書きます!たまに違う話題もあるかもですが、自分の目線で綴っていけたらと思います。

ペナントレース パ・リーグ①

パ・リーグ

パ・リーグはおおむね開幕前の予想通りの順位に今のところなりそうです。開幕直前の順位予想↓

 

 

1位 東北楽天ゴールデンイーグルス

2位 福岡ソフトバンクホークス

3位 オリックスバファローズ

4位 埼玉西武ライオンズ

5位 北海道日本ハムファイターズ

6位 千葉ロッテマリーンズ

 

 

まず首位は楽天。打線も好調で安定した戦いを開幕からしています。新加入の浅村選手の状態が上がってきたのと、安楽選手が岸選手の穴を埋めるなど、今後も大崩はせずに安定した戦いぶりを見せてくれそうです。このままソフトバンクを突き放して抜けてきそうです。それだけの力がやはりあります。則本選手、岸選手が復帰すれば盤石です。やはり今年は楽天が本命で間違いなさそうです。

 

2位以下は混戦模様です。王者ソフトバンクは現状は貯金が3つで首位楽天に1ゲーム差の2位の位置にいますが、主力に故障者が多く、ここ2試合は最下位ロッテに2試合連続で完封負けを喫するなど打線に勢いがありません。選手層は厚いので5位、6位など下位の順位にはならないと思いますが、例年以上に苦戦しそうです。5割を少し上回る成績で今シーズンは終わりかもです。他チームの成績次第ではBクラスもありえます。

 

そして個人的な注目はオリックスです。開幕から6戦続けて勝ちがつかず、4敗2分と大きく出遅れはしましたが、ここ10試合は6勝3敗1分と借金が残り1まで持ってきました。開幕から不振にあえいだ主砲の吉田選手に当たりが戻り勢いが更に出てきそうです。山岡、山本の山山コンビは今年は計算できそうなので、Aクラス争いは間違いないでしょう。

 

日ハム、西武は投手力に課題が見えます。日ハムはオープナーを導入したり試行錯誤をしていますが、先発陣がピリッとせずコマ不足感があります。打線はこれから上がってきそうではありますが、優勝には投手陣の奮起とやりくりが鍵を握りそうです。栗山監督がどんなやりくりをするのか注目したいですね!

 

西武も浅村選手が抜けたとはいえ強力打線ぶりは健在です。ですがやはり西武も投手力が連覇への鍵です。5月以降、内海選手、榎田選手、ルーキーの松本選手が復帰してどれたけやってくれるかにかかっていますが、個人的には今井選手、高橋光選手の二人が二桁以上は勝って、エースへと成長してほしいです。この二人の頑張りが上位進出、連覇に必要なピースだと思います。これからのシーズン、活躍を期待しましょう!

 

ロッテは昨年が嘘のようにホームランを量産してはいますが、現状は最下位と出遅れています。涌井選手がソフトバンク打線を相手に無四球完封をするなど、ここ2試合は点を与えていない投手陣ですが、上位を伺えるチーム力はまだないように感じます。なんとかAクラス争いに食らいついていきたいですね!

 

パ・リーグは本命の楽天が抜けて、ソフトバンクオリックス、日ハム、西武が混戦しそうな感じです。そこにロッテが割り込んできたらかなりおもしろくなりそうです。

セ・パともに今後の展開が楽しみですね!今後もプロ野球に要注目です!